Category Archives: blog

薬剤師でも病院を転々とすることがあるんです・・・

現在、私は神戸で薬剤師をしているんですが、独身時代に女友達と3人でスキーに行きました。
私は初めてのスキーだったので、スキーの上手な友人に前後に挟んでもらって滑っていました。
何度も何度も転びましたが、スキーの楽しさがわかってきました。

前を滑っている友人が止まったので、私も止まろうとしましたが、上手く止まれません。
友人のストックと私のストックが絡まってしまい、それに気を取られると、コースを隔てるネットに突っ込んでしまいました。そこは坂になっていて、数メートル落ちてしまい、気が付いた時には仰向けに倒れていました。

なにがどうなったのかわかりませんでした。左ひざが痛く、立てませんでした。
運良く、パトロールの人が通りかかったので、事情を説明しました。
パトロールの人にスキー場の中の診療所に連れて行ってもらいました。
診療所の医師は「多分、靱帯だと思うから、神戸に戻っても病院へ行くように。」と言われました。

神戸に戻ってすぐ、家の近くの整形外科に行きました。
ひざに溜まっていた水を抜いてもらいました。「靱帯だと思う」と私が言っても取り合わず、しきりに入院を勧めてきます。私は当時一人暮らしをしていました。実家は遠方なので頼れません。身の回りのことをしてくれる人がいない状態で入院は不可能だったからです。

整形外科に通ってもちっとも状態が良くならないので、カイロプラクティックの病院へ行きました。
痛みから体が固まってしまい、マッサージも受け付けない状態だと言われました。
まず、体を温め、筋肉の緊張をほぐし、それからマッサージをしてもらいました。なんとか、歩けるようにはなりましたが、痛みがあります。治療が長引いている割には良くならないので、友達の勧めで、また異なる接骨院へ行きました。
ここでやっと、足首と膝を反対にひねっていることがわかりました。あっという間もなく、足首を手技で治してもらい、痛みがなくなりました。接骨院の医師はちょっと荒っぽい治療でした。ひざが曲げられるように手技で膝を押します。あまりの痛みに涙がこぼれました。ここでやっと、「膝の内側の靱帯を伸ばしている」と診断されました。

なぜ、他の病院は正確な診断をしてくれなかったんでしょうか。まさかの誤診です。
どこがどういう状態なのか、靱帯が伸びているとはどういうことなのか。捻挫とは違うのかなど、きちんと説明して欲しかったです。きちんと説明して自分の怪我の状態が理解できれば、治療に専念できるからです。わからないから、治療の妨げになってしまう行動を取ってしまうのでしょう。

2月に怪我をして病院通いが必要なくなったのは4月の中頃、走れるようになったのは5月でした。
もっと治療が適切だったら、もっと早く治っていたと思います。
友人には「薬剤師なのに、病院をそんなに転々とするもんなの?」と言われましたが、整形外科は専門外だったし、痛みを押して仕事をしていたのでこんなことになってしまいました。<薬剤師 求人 神戸

都内でパート薬剤師を探すにはコツがいります

入院そんな私が、とある病気で入院することとなった話です。

朝9時すぎ、入院手続きをしました。
病室のあるフロアの待合室へ行き、体重と身長の測定をしました。
これで、病室で使う部屋着のサイズをMと決めました。退院まで同じサイズと言われました。
が、この後ちょっと後悔します。

初日は、手術前に入る病室だそうです。つまり、料金は無料ということでした。
荷物の整理の後、まず体温と血圧の測定でした。
開腹手術のため、お臍の掃除がありました。これが入院の時、一番不安でした。

以前自分でも試みたのですが、炎症を起こしてしまいました。
理由はそれだけではなく、くすぐったくて長くは我慢できないのです。
それでも、横になってオイルを注がれ、綿棒でぐりぐりっと。どうしても力が入ってしまいました。
それがいけなかったのか、1度では終わらず2度やられてしまいました。それでなんとか終了です。
確かに綺麗になりましたが(笑)。

最初の食事は昼食です。これが、かなり不味かったです。
同室の人皆が不味いと言っていたので、間違いありません。
誰かのブログにふりかけ持参と書かれていました。納得です。

そしてオリエンテーションのDVDを観ました。
夕方、手術前の内診がありました。
晩御飯はほとんど食べられず、胃薬もらうことにしました。

消灯は21時です。目が覚めたら、またその日のうちでした。
私は和室で布団派なので、ベットは辛いです。
翌朝、便秘ではないのですが、前日排便が無かったため浣腸になりました。
そのまま5分と言われましたが、無理です。

朝7時から血液検査でした。4本分とりました。
その後10時に手術着に着替えて1本目の点滴です。
でも手術は午後3時でした。終わったのは8時間後の夜11時だったようです。
開腹手術だったので、筋肉と神経の切断のため、浮腫みが酷かったです。
足は象のよう、ウエストは寸胴です。部屋着のズボンのゴムがきつくて胃が痛いです。
下着はでかパンツを用意したのですが、病院の部屋着までは気がまわりませんでした。

ネグリジェを用意しなかったことは失敗でした。

こんな入院生活は、もうコリゴリです。
やっぱり健康が第一なんだなと思い、薬剤師をしている姉に相談しました。
姉は、都内で薬剤師としてパート勤務をしています。
薬剤師の姉に助言されると、ちゃんとしなきゃと、いつも気持ちが引き締まるんです。
そんな姉は最近、東京でパート薬剤師求人を探す時のコツと注意点※【私の体験談】というサイトでコツをつかみ、都内のパート薬剤師として転職に成功したそうですよ。
そして姉と同様、都内で生活しているわたし。
公共機関に不便が全くなく、歩くことがほとんどない生活を送っていました。
やっぱり、運動が第一なんだよと言われました。そして、運動と漢方薬を併用したらどう?と提案されました。

まずは日々歩くことからはじめ、漢方薬にも頼りながら健康でいたいなと思います。

前開きのパジャマどうする!?

Print女性が入院する時は、けっこう大変です。

気がついていたら、病院のベッドに寝ていたというような急病の場合は除くと、手術をあらかじめ予約してから入院というケースもあるからです。

重病でないときほど、女性は病気以外でも色々と悩みます。

特に手術後は病院から渡された服をリースして着ているわけですが、数日経つとパジャマを着ていたくなります。

だんだんトイレも自分で行くようになると、館内も歩くことになるためなんとなく服装が気になり始めるからです。

 

入院時のパジャマは前開きのトップスが基本ですが、なかなか気に入ったと言うのも変ですが、安カワが見つけられなくて困った経験がありました。

現在のようにインターネット通販が自由な時代でなかったためでもあります。入院を予定しているとお金を使いたくありませんので、購入を余計ためらってしまいます。自宅にいる時みたいに1着で済ますわけにもいきません。まして寒い真冬ともなると、いくら暖かい病院内といえども移動の際ガウンが必要な病院もあるのです。

経過良好で軽度の患者さんに栄養指導の時間をとる病院がありましたが、その部屋へ移動するためにガウンを持っていなかった私は、入院時に着て来た黒の綿入りロングコートを着て行ったことがあります。入院前のリサーチで、ロングコートを持っていくとガウンがわりになるとの話を聞いていたためです。

確かに体を冷やさず良かったのですが、先生のいる部屋にコートを着たまま入室して話をするというのはどうかとも思われました。以来、前開きのパジャマとガウンはもう必要ありませんが、常に気になってしまう物となっています。もしまたいつかのために、買っておきたく思うためです。

退院後は前かがみの姿勢を取りたくないと思うため、洗剤も色々と詰め直して家を出ましたが、戻って来た時は全て空となって補充はされておらず、洗濯機のふたを開けると、中ふたの上に粉洗剤がぶちまけられてそのまま、部屋中埃だらけ、TVのリモコンにも埃がかぶっているのを見て、衛生的な病室が恋しくなりました。

家族が入院時はなにかとせわしないものですが、退院の際はなるべく清潔にして迎えてあげたほうが良いはずです。