Monthly Archives: 10月 2016

前開きのパジャマどうする!?

Print女性が入院する時は、けっこう大変です。

気がついていたら、病院のベッドに寝ていたというような急病の場合は除くと、手術をあらかじめ予約してから入院というケースもあるからです。

重病でないときほど、女性は病気以外でも色々と悩みます。

特に手術後は病院から渡された服をリースして着ているわけですが、数日経つとパジャマを着ていたくなります。

だんだんトイレも自分で行くようになると、館内も歩くことになるためなんとなく服装が気になり始めるからです。

 

入院時のパジャマは前開きのトップスが基本ですが、なかなか気に入ったと言うのも変ですが、安カワが見つけられなくて困った経験がありました。

現在のようにインターネット通販が自由な時代でなかったためでもあります。入院を予定しているとお金を使いたくありませんので、購入を余計ためらってしまいます。自宅にいる時みたいに1着で済ますわけにもいきません。まして寒い真冬ともなると、いくら暖かい病院内といえども移動の際ガウンが必要な病院もあるのです。

経過良好で軽度の患者さんに栄養指導の時間をとる病院がありましたが、その部屋へ移動するためにガウンを持っていなかった私は、入院時に着て来た黒の綿入りロングコートを着て行ったことがあります。入院前のリサーチで、ロングコートを持っていくとガウンがわりになるとの話を聞いていたためです。

確かに体を冷やさず良かったのですが、先生のいる部屋にコートを着たまま入室して話をするというのはどうかとも思われました。以来、前開きのパジャマとガウンはもう必要ありませんが、常に気になってしまう物となっています。もしまたいつかのために、買っておきたく思うためです。

退院後は前かがみの姿勢を取りたくないと思うため、洗剤も色々と詰め直して家を出ましたが、戻って来た時は全て空となって補充はされておらず、洗濯機のふたを開けると、中ふたの上に粉洗剤がぶちまけられてそのまま、部屋中埃だらけ、TVのリモコンにも埃がかぶっているのを見て、衛生的な病室が恋しくなりました。

家族が入院時はなにかとせわしないものですが、退院の際はなるべく清潔にして迎えてあげたほうが良いはずです。